So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

いつかの

西海岸とかハワイ みたいな風に吹かれて。

あれ、なんだか外国にいるみたいな気分になってきた。

たまにはこうして、ただ空を眺めてるのってイイもんだ。風に吹かれてるのってイイもんだ。


心の中の泉の水面をじっと澄ましてみよう。


SEKKY★SHIN

image-20170721192648.pngimage-20170721192656.png

俺の夏休み

あ。別に夏休みでもなんでもないや。

でも、近所の学校だったり、カテキョの仕事の教え子達が夏休み近くなってくると、俺までそんな気分になってくる。


下北沢 アーティストLIVE
ありがとうございました!!

先週の神田、そして今回のとちおとめ。
音楽仲間との時間ってのは、貴重なモノかもなぁ、って思いました。LIVEが以前より少ない現在だからこそ思うのかな。

そして。 逆に、心細くなるような荒波にも漕ぎ出して行こう、と思う今です。

別に、心細くはなりたくないな(笑)!


悔いのない夏作り 2017

締め切り 夏の終わり

オッケイっ!!


SEKKY★SHIN

真夏日お見舞い 申し上げます

皆々様

夏バテとかは大丈夫でしょうか?

俺も毎日暑いけど、レモンやキウイ、麻婆茄子とか食べて元気にやっとります。


アコースティック ライブ イベント
07/16(Sun)

『とちおとめ?東北ミュージシャン復帰LIVE 2017ーVOL.22』

出演
SEKKY★SHIN 未来奏 見目愛果瑠

下北沢 Artist http://www.c-artist.com/about/index.html


Open/13:30
Charge/2000yen(1drink込み)



学校の夏休みシーズンも近いんですよね。 そうか、もしや今回の日曜って連休の中日かな? どなた様も、お気軽にいらしてくださいね。 一緒にビールでも飲みましょうっ!


さあ、この夏をどうゆこうか。スピリット発電思考回路ブンブン回しながら飛び込めばイイ。どんなに暑かろうとオーバーヒート知らずの発電機 [雷]


SEKKY★SHIN

image-20170714164440.png

この夏

神田 欧風屋 あっ!とライブ
ありがとうございました!!


昨日はその後で、コンビニとかすき家とかで休憩しながら。朝までかけて。ちょいと行きたいトコに行ってみた。


じゃんっっ

image-20170710000709.png

あ。 コレは渋谷の七夕だった。


じゃん!

image-20170710000804.png


コレは神田ライブに行く時に寄った、桶町千葉道場跡。 ナカナカ見つけるのに時間かかりました。 坂本竜馬が江戸に剣術修行に初めて来た時、最初に稽古をしてた道場。 昔の江戸を想像して。なんか。そっかぁ。ココら辺がねぇ。とか思った。



image-20170710001158.png

本家千葉道場の跡のピンポイントはどうにもこうにも見つからなくて。工事中だったから、その中だったのかもなぁ。



image-20170710001339.png


当時の品川の浜のあたり。近くに黒船が来て、大騒ぎになった江戸で、厳戒態勢をとったあたりなのかな。竜馬もココに来たらしい。 俺の読んでる小説では、黒船が見えんなぁ、みたいに言ってたから、ココからは見えなかったのかな?


image-20170710001711.png

近くの公園に。


image-20170710001747.png

最初は警戒してたけど、すぐに大丈夫かな、と思ってくれたらしい。朝方の人気のないトコでの些細なコミュニケーション。



image-20170710001941.png


優しいイメージもあんだけど。こうして像の前に立ってみて目を見たら、なんだか凄味みたいな迫力を感じた。 ひとまず、来てみたよ。



朝方。朝陽は見えなくても、高層マンションに反射してる赤い光で日の出がわかった。夏の朝はなんか感慨深いものがある。 冬もイイけどね。

久々の朝帰り。風呂に入って、クーラーつけて寝た。



竜馬の物語、まずは1冊目が読み終わりそうな感じですっっ


SEKKY★SHIN

夏空

明後日、神田ライブイベントありますっ



07/08 (Sat)


神田あっ!とライブ

欧風屋
https://s.tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13101999/

Start/18:00
Music chage/free



この夏のスタートな感じでいこうと思います!

お気軽に、遊びにどうぞ!!


2017年の夏、という作品にスピリットを込めて。


SEKKY★SHIN





町角のバブリック

久々に銭湯に行こう!と、帰りが涼しいようにタンクトップ&ハーパンにビーサンでチャリチャリ〜と行ったら、近所の銭湯が2軒休みで( ̄◇ ̄;)

あ、デリバリワークでやった事ある隣町に、なにやら大きい風呂屋があったなぁ、と思い出し、行ってみたらやってたぁ( ̄∇ ̄)

ここら辺はいろんな寮とかあんだっけかな?
なんか年齢層が若めな感じ。

ジャグジーだ♩ 赤富士かぁ♩

いやあ極楽極楽ぅ。 ウチワ扇いで缶ビールごっくん。


おーし明日もがんばろーっっ\( ̄^ ̄)/


おお。なんと、もうホントに夏の暦になるじゃないかね 君(_ _).。o○


SEKKY★SHIN



冒険

きっと自分は、この人物がとても好きだろうな。

と、前々からわかっている人で。 それでもその人の物語を今まで読んだ事はなく。 でもでも。やがていつか。自分がその人の物語に手を伸ばす時はくるだろう。と、何故かわかっていた人がいる。 坂本竜馬です。 ソレがどうやら今年らしい (そうなの?) 。 読みたくなった。 で、今回俺が選んだ竜馬の話、を書いた作家の別の物語を。 俺は10代の頃にも読んでいて。幕末の世、竜馬とは真逆の側にいた新撰組の土方歳三の物語。 ソレがきっかけだったのかなぁ。土方歳三が大好きになった当時の俺は、小説の一文を頼りに感覚だけでお墓参りまで行った。

時代背景とか。政治思想とか。例えば歴史に名を残していない人達とか。 いろいろあると思うんだ。 でも、今でも土方歳三は好きだ。俺のイメージでは、純粋な男。

竜馬はまたイメージが違う。 でも、俺の目の前にもしいたならば、多分大好きになっちゃう気がする男。イメージね、イメージ。 何しろ、読み始めた竜馬のシリーズは凄くたくさんあって。 この夏で読みたいなぁ。って思ってる。 歳三、近藤勇、沖田総司、竜馬、その時代の俺の知ってる英雄達は、皆、30代くらいで人生を駆け終えた。 また違うけど、ジョン.レノンは、今の俺の年だ。ジョンもまた、俺の中で年々興味が湧いてくる男だ。


俺。なにが言いたかったのかって言うとね( ̄◇ ̄;)


嗅覚が感じる匂い。が凄く鮮明に記憶を呼び覚ますのと同じに、小説や映画(もちろんミュージックもね)もまた、魂にもまたシックスセンス(違うか?まイイや)的な感覚に直に呼びかけるんだなぁ、って思うこの頃で。 おぼろげになった昨日があったとして、その頃にかじった物語や映画やらを思い出せば、ああ!あの頃か!ってわかるみたいな。

また話が少しズレちゃったかな。


だから、この夏、また新しいひとつの物語とも出会えるワケで。 冒険の夏ってワケです。



そして。俺は。もっともっと、たっくさん生きてぇ!!


その時代の人達に負けないくらい熱くねっっ


まだまだ。まーだまだ。

生き足りないよ。

全然さっっ!!



SEKKY★SHIN

夏の匂い

東京で、蚊取り線香の匂いを嗅ぐと、懐かしい気持ちになる。 俺の鼻は、いつの夏を思い出しているのだろう。

蚊取り線香の香り。遠くから盆踊りの声。シソッ葉。ソーメン。麦茶。 花火ではしゃぐ子供の声。虫達の声。 明日もラジオ体操。 まだ全然眠くないんだ。眠れないよ。 耳を澄ませば、何かが聴こえる気がする。 同じクラスのあの子は今頃何してんだろ。 風。 森が囁いてるぞ。 夏の夜。 夏の夜。

何かが 何処かに 繋がってる
夏の夜。 夏の夜。



SEKKY★SHIN

image-20170621221626.pngimage-20170621221636.png

16歳

か、17歳かの頃だな。日曜日。

夜にラジオを聴いてて。 その番組の中、リスナーからのハガキ( か ファックスだっのかな当時?) でね。

どこかの女の子が、最近別れた彼がカラオケでいつも歌ってた曲です。 ってメッセージでリクエストをかけたんだ。


チェッカーズの曲。

ピアノのイントロから始まって。
フミヤが歌い始める。


消えかけた街が 静かに色付く

夜明けのブレスが 傷あとにしみる

群れから外れた 一羽のカモメが

ビルの谷間を抜け 海を見つめる



このAメロで、俺は鳥肌が立つくらいに心にきたんだよね。 サビにいってから、ああ!この歌かあ!ってわかったんだけど。 その後、すぐにチェッカーズベストのカセットテープを買った記憶が。何故にカセットテープを選んだのかは覚えていないけど…!

とにかく、その歌の特にその出だしのAメロが凄く好きで。とても印象的だったんだ。


で。カモメがビルの谷間を飛ぶ、なんて光景、あるのかなぁ。とか思ってたら。 あるんだわ。 一羽のカモメが、ビルを背に青空の下飛んでた。 それでまず思い浮かんだのが、チェッカーズのその「夜明けのブレス」っていう曲です。


そしたらカモメ君。 夜明けに見てみたいなぁ。



SEKKY★SHIN

image-20170618234623.pngimage-20170618234634.pngimage-20170618234646.png

梅雨の晴れ間の夜風

家への帰り道、チャリを草の上に横たえて、丘の上のベンチに座り町を眺める。



スマホと向き合う会社帰りの人。

カメラを構える西洋からの旅人。

犬とかけっこする子供達。

町や木々を撮ってた旅人もベンチに座り、犬を眺める。なんとなく、日本に住んでいない感じがするから、俺の中では旅人。どこかこの近くのホテルに滞在してるのかな?

何かしらの専門職の仕事帰りを思わせる女性が、やはり隣ベンチに座り町に向き合い、多分缶ビールだか缶チューハイだかをカポっと開ける。


ひとり、またひとり、と席を立つ。
1番最後まで俺が残って、もう一度町を見る。
白いノートに、何かしらのソウルを捻る。

風が今日一日の火照りを身体からサラリと流してくれていた。いつの間にか心にも静けさをくれていた。


梅雨の時期が、今年は今までよりもなんだかイイものだと思える。


SEKKY★SHIN

image-20170614235004.png

前の10件 | -